え へ かそ ぽ。 【かそけく】の例文集・使い方辞典

過疎とは

important;border-color: 039be5! … 虚淵玄『鬼哭街』 より引用• … 池宮彰一郎『四十七人の刺客(下)』 より引用• important;--ex-color-contrast-rgb:var --ex-color-dark-contrast-rgb,color-to-rgb-list fff! important;border-color: 1a237e! important;border-color: e3f2fd! important;border-color: 69f0ae! それからの用部屋は、かそけき 灯影 ほかげが洩れるのみで、人の動く気配はまったく無かった。 important;--ex-color-base-rgb:var --ex-color-info-rgb,23,162,184! important;border-color: fff8e1! important;border-color: e1bee7! 行者の修行の山なので、ハシゴやクサリ場などがある険しい山だが 都会に近く、手頃な山として人気がある山のようで、 参拝を終え車に戻ると、女性二人の登山客が準備をしていた。 加蘇山神社 かそやまじんじゃ 栃木県鹿沼市上久我3440 式外社 賀蘇山神 三代実録 旧県社 御祭神 栃木県鹿沼市にある。

もっと

加蘇山神社 (鹿沼市)

… 大岡信『名句歌ごよみ[冬・新年]』 より引用• 残念ながら、僕は一泊二日の栃木旅行で、 他にも行きたい場所があったので登らなかった。 important;--ex-color-base-rgb:var --ex-color-dark-rgb,52,58,64! important;border-color: 26c6da! 102• 195• important;border-color: 673ab7! important;border-color: b2ebf2! 承禄年間、久我式部大輔常真が当地に築城し 社領を奪ったため、当社は、以後衰微したらしいが、 天正年間、久我氏滅亡により、再建された。 important;border-color: ab47bc! important;border-color: c8e6c9! important;border-color: b2ff59! important;border-color: 5c6bc0! 作者の泊まっていた宿に、朝立寄っていった山びとだろうか。 important;border-color: 00bfa5! 女のくちびるがまた動いて、増本女史のペンシルがメニューの裏にかそけき音を走らせる。 一群の医療装置は、その存在感だけで室内の古雅を蹂躙していた。 important;border-color: 18ffff! 石裂山のそばに月山があり、 南麓の賀蘇山神社に月読命を祀る月山神社がある。 important;border-color: 00e5ff! important;border-color: 0091ea! important;border-color: a5d6a7! 雑踏のなかではかき消されてしまいそうな、かそけき音だ。

もっと

【かそ】和英索引 | エキサイト辞書

虫の音がかそけく聞こえ、まっ黒な杉木立ちが、ざわざわ鳴っている。 important;--ex-color-base-rgb:var --ex-color-success-rgb,40,167,69! important;border-color: fbc02d! important;border-color: bbdefb! 113• important;border-color: ffeb3b! important;border-color: c0ca33! important;border-color: f44336! important;--ex-color-contrast-rgb:var --ex-color-secondary-contrast-rgb,color-to-rgb-list fff! important;border-color: 80deea! 172• important;border-color: b71c1c! important;border-color: dcedc8! important;--ex-color-shade:var --ion-color-success-shade, 269f42! important;border-color: 004d40! important;border-color: 00838f! important;border-color: f57f17! important;border-color: e0f7fa! important;border-color: 536dfe! しなやかさと真率なることに於て人生の一節を表現し巌の如き丈夫心をも即々と動かす。

もっと

過疎とは

important;--ex-color-contrast-rgb:var --ex-color-secondary-contrast-rgb,255,255,255! important;border-color: 81d4fa! … 太宰治『彼は昔の彼ならず』 より引用• important;border-color: d1c4e9! important;border-color: 40c4ff! important;border-color: 9ccc65! important;border-color: f06292! 164• からの連想というか、概念上の神なのかもしれないが、 日本には数社しか祀られていない神で、通常は月読命と対で祀られる神。 134• 遥拝所社頭 遥拝所 神楽殿 舗装道路の突き当たりに駐車スペースがあり、数段の階段を上ると鳥居。 important;border-color: ffd600! important;--ex-color-base-rgb:var --ex-color-danger-rgb,220,53,69! important;--ex-color-contrast-rgb:var --ex-color-success-contrast-rgb,color-to-rgb-list fff! important;--ex-color-contrast:var --ex-color-warning-contrast, fff! … 大岡信『名句歌ごよみ〔秋〕』 より引用• important;border-color: 00acc1! important;border-color: ffe082! important;border-color: 64ffda! 廊下は右に折れ、左に折れ、長々と続いていた。 362• important;border-color: 7cb342! important;border-color: 0288d1! 遠くの方でかすかに救急車のサイレンが響いていた。 important;border-color: 29b6f6! … 太宰治『晩年』 より引用• important;border-color: fff9c4! important;border-color: 2e7d32! important;border-color: 2979ff! important;caret-color:transparent! important;border-color: 283593! important;border-color: 689f38! important;border-color: e53935! important;border-color: d4e157! important;border-color: aed581! ゆえに、兵馬の神として崇敬され遠近より登拝するものも多かった。

もっと

過疎とは

井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』 より引用• important;border-color: e8eaf6! important;border-color: f9fbe7! important;border-color: 827717! -『平成祭データ』-. important;border-color: 90caf9! 境内には県の天然記念物に指定された千本桂あり、号して神代木と云う。

もっと