モーリシャス 事故。 モーリシャス座礁、重油1千トン超流出 商船三井が謝罪:朝日新聞デジタル

茂木外相、12月にアフリカ歴訪へ モーリシャスで重油流出事故の支援協議

事実であれば、貨物船側の責任が厳しく問われることになり、今後モーリシャス政府や船の所有会社・運航会社による原因究明が求められている。

もっと

モーリシャス座礁事故をSDGsから解説|注目される理由は?

つまり、海洋産業を中心としています。 現地では、モーリシャス政府の新型コロナ感染拡大防止策に基づき入国後14日間は外出が制限されていましたが、その間も各相手先との情報収集・折衝と制限解除後の行動計画立案に注力しました。 問われる政府と企業の責任 海への被害を軽減しようと、多くの住民がサトウキビやプラスチックのボトルを使って、重油回収のボランティア活動に当たったが…。 「インド洋の貴婦人」とも呼ばれるリゾート地のモーリシャスでは、船から漏れ出した燃料の重油が大量に海岸に漂着した。 約125万人が暮らす、モーリシャス。 なぜ、船を運航していた海運大手の商船三井ではないのか。 お話をされていたのは、JICA(国際協力機構)の国際協力専門員をつとめる阪口法明さん。

もっと

モーリシャス沖座礁事故の賠償責任は? 複雑な海運業界にネット民「普通の人、解らんやろこれ」「知らなかった…」:イザ!

翌8月7日に、モーリシャス政府が非常事態を宣言しました。

もっと

【海事弁護士に聞く モーリシャス座礁 損害賠償の論点】戸田総合法律事務所 弁護士・山本剛也氏、弁護士・青木理生氏。モ政府、異例の請求主体に

モーリシャス沖で座礁して重油を流出させた日本の貨物船に対しモーリシャス政府は、船主の長鋪(ながしき)汽船(岡山県)や同社が契約する保険組合に賠償を請求する方針だ。 船体には目に見える亀裂があり、残りの約3000トンの燃料の流出も懸念されたため、モーリシャスのジュグノート首相は環境非常事態をし、フランスに支援をなど対応にあたった。 08月04日(火)サルベージ会社の後発隊が救助船で現地に到着。 コロナ危機で観光業を中心とする経済への打撃が深刻な中、訪れた環境危機。 ほかのタンクに破損はなく、残った燃料をタンカーで運び出しているという。

もっと

モーリシャス沖座礁、賠償責任は商船三井ではなく「船主」に

現地の業者へモーリシャスの方が好きな色を相談した上で決定した青と白のデザインは現地の清掃関係者からも大変好評をいただき、その場で新しいシャツに着替える作業員や家族の分も求める声などで現場は一時賑わいました。 「特殊性の一つに、モーリシャス政府という国家が損害賠償の請求主体になろうとしていることがある。 — ヒロ vermilion2010 中国からシンガポール経由でブラジル向けの大型鉄鉱石運搬船のようです。 このようにさまざまな場所で重油流出事故が発生していますが、重油の流出規模に注目してください。 座礁した貨物船はパナマ船籍だが、海運大手の商船三井は貨物船を運航していた会社で、船主は長鋪(ながしき)汽船。 シートは外務省、環境省、 JICAで組織される国際緊急支援隊の第 2陣とともに 8月 19日モーリシャスへ運ばれました。

もっと

WAKASHIO事故における当社のモーリシャス環境回復・社会貢献活動について

「油濁の賠償制度は『タンカー』の貨物である原油や重油が流出したことによる油濁損害と、タンカー以外の『一般貨物船』の燃料油が流出したことによる油濁損害とで枠組みが異なってくる」 「タンカーの場合、『CLC』(1992年の油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約)が根拠となる。 海難事故の法務問題に詳しい戸田総合法律事務所の山本剛也弁護士と青木理生弁護士に今後の損害賠償を巡り想定されるポイントを聞いた。 座礁したのは長鋪(ながしき)汽船(岡山県)が所有する「WAKASHIO」(全長約300メートル)。 ニュースで「商船三井の船が」と表現されていたとして、これは「明らかに不正確」と指摘。 座礁した付近は、世界的に有名なサンゴ礁や 1,700種の海洋生物が生息し、生物多様性のホットスポットです。 つまり、今、この記事を読んでいるあなたは、すでに、モーリシャスの自然環境や人々のためにできることの第一段階をスタートさせることができているのです。

もっと

WAKASHIO事故における当社のモーリシャス環境回復・社会貢献活動について

今回、日本はモーリシャスの環境汚染の当事者です。 バンカー条約 燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際条約 ( International Convention on Civil Liability for Bunker Oil Pollution Damage)のこと。

もっと