障がい 者 総合 支援 法。 愛媛県庁/障害者総合支援法及び児童福祉法の改正について(平成30年4月1日施行)

障害者総合支援法について詳しく教えて!障害者総合支援法のサービスに介護サービスもある!

2 都道府県知事は、前項の申請があった場合において、次の各号のいずれかに該当するときは、指定自立支援医療機関の指定をしないことができる。 25 この法律において「地域活動支援センター」とは、障害者等を通わせ、創作的活動又は生産活動の機会の提供、社会との交流の促進その他の厚生労働省令で定める便宜を供与する施設をいう。 )を作成することをいう。 一 当該指定に係る一般相談支援事業所の従業者の知識若しくは技能又は人員について第五十一条の二十三第一項の厚生労働省令で定める基準に適合していない場合 当該基準を遵守すること。 2 指定一般相談支援事業者は、当該指定地域相談支援の事業を廃止し、又は休止しようとするときは、厚生労働省令で定めるところにより、その廃止又は休止の日の一月前までに、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。

もっと

障害者総合支援法 目次【Web法律条文検索】

5 厚生労働大臣等は、前三項の規定による届出が適正になされるよう、相互に密接な連携を図るものとする。 )に通常要する費用につき、厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の額(その額が現に当該指定計画相談支援に要した費用の額を超えるときは、当該現に指定計画相談支援に要した費用の額)とする。 第二章 自立支援給付 第一節 通則 (自立支援給付) 第六条 自立支援給付は、介護給付費、特例介護給付費、訓練等給付費、特例訓練等給付費、特定障害者特別給付費、特例特定障害者特別給付費、地域相談支援給付費、特例地域相談支援給付費、計画相談支援給付費、特例計画相談支援給付費、自立支援医療費、療養介護医療費、基準該当療養介護医療費、補装具費及び高額障害福祉サービス等給付費の支給とする。 以下同じ。 (指定障害者支援施設の指定の変更) 第三十九条 指定障害者支援施設の設置者は、第二十九条第一項の指定に係る施設障害福祉サービスの種類を変更しようとするとき、又は当該指定に係る入所定員を増加しようとするときは、あらかじめ、厚生労働省令で定めるところにより、当該指定障害者支援施設に係る同項の指定の変更を申請することができる。 また、訓練等給付のサービスには ・自立訓練 ・就労移行支援 ・就労継続支援(A:雇用型 B:非雇用型) ・就労定着支援 ・自立生活援助 ・共同生活支援(グループホーム) などがあります。

もっと

障害者総合支援法について詳しく教えて!障害者総合支援法のサービスに介護サービスもある!

)について、介護給付費又は訓練等給付費を支給する。 第二節 介護給付費、特例介護給付費、訓練等給付費、特例訓練等給付費、特定障害者特別給付費及び特例特定障害者特別給付費の支給 第一款 市町村審査会 (市町村審査会) 第十五条 第二十六条第二項に規定する審査判定業務を行わせるため、市町村に第十九条第一項に規定する介護給付費等の支給に関する審査会(以下「市町村審査会」という。 )の規定により指定を取り消され、又は同日前に発生した事実を理由として同日後に新自立支援法第五十条第一項(同条第三項及び第四項において準用する場合を含む。

もっと

障害者総合支援法とは?障害福祉サービスの概要をわかりやすく解説

通級による指導を利用する発達障害(自閉症、学習障がい、注意欠陥多動性障害)のある児童生徒数はいずれも、平成19年度以降、毎年増加傾向を示しています。 (地域相談支援給付決定の取消し) 第五十一条の十 地域相談支援給付決定を行った市町村は、次に掲げる場合には、当該地域相談支援給付決定を取り消すことができる。 (障害者支援施設等に関する経過措置) 第二十三条 附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日において現に障害者支援施設を設置している市町村について第八十三条第三項の規定を適用する場合においては、同項中「あらかじめ」とあるのは、「附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日から起算して六月以内に」とする。

もっと

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律

(地域相談支援給付費) 第五十一条の十四 市町村は、地域相談支援給付決定障害者が、地域相談支援給付決定の有効期間内において、都道府県知事が指定する一般相談支援事業を行う者(以下「指定一般相談支援事業者」という。 4 市町村は、第二項の支給決定の変更の決定を行うに当たり、必要があると認めるときは、障害支援区分の変更の認定を行うことができる。 (身体障害者更生相談所等に関する経過措置) 第七条 施行日から附則第一条第二号に掲げる規定の施行の日の前日までの間は、第二十二条第二項中「第九条第六項」とあるのは「第九条第五項」と、「第九条第五項」とあるのは「第九条第四項」とする。

もっと

障害者総合支援法 目次【Web法律条文検索】

また、就労への移行に向けた支援 ・就労の機会や生産活動の機会 ・その他必要な支援等 実施箇所 ・下館事業所(筑西市小林355)心身障害者福祉センター内 ・明野事業所(筑西市新井新田41-2)明野農村環境改善センター内 利用対象者 市より就労継続支援(B型)の受給者証を受けた方 利用定員 35名 利用料金 総合支援法に基づいた料金がかかります 利用日数 週5日以内(月~金曜日) 利用時間 9:00~16:00 申請の手続き 行政から就労継続支援(B型)の支給量決定を受けた後、当事業所と契約を結びます。 3 厚生労働大臣等は、第一項の規定による勧告を受けた指定相談支援事業者が、正当な理由がなくてその勧告に係る措置をとらなかったときは、当該指定相談支援事業者に対し、期限を定めて、その勧告に係る措置をとるべきことを命ずることができる。 (指定障害者支援施設等の基準) 第四十四条 指定障害者支援施設等の設置者は、都道府県の条例で定める基準に従い、施設障害福祉サービスに従事する従業者を有しなければならない。 11 この法律において「障害者支援施設」とは、障害者につき、施設入所支援を行うとともに、施設入所支援以外の施設障害福祉サービスを行う施設(のぞみの園及び第一項の厚生労働省令で定める施設を除く。

もっと

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律

)その他営利を目的としない法人であって厚生労働省令で定めるもの」と、第三十二条第六項中「連合会」とあるのは「連合会その他営利を目的としない法人であって厚生労働省令で定めるもの」とする。 そのため、障害の程度ではなく必要な支援による区分、ということで等級の名称が「障害支援区分」に変わりました。 障害者福祉サービスは「応益負担」か「応能負担」か。 第六款 業務管理体制の整備等 (業務管理体制の整備等) 第五十一条の二 指定事業者等は、第四十二条第三項に規定する義務の履行が確保されるよう、厚生労働省令で定める基準に従い、業務管理体制を整備しなければならない。

もっと

障害者総合支援法/川口市ホームページ

この場合において、市町村は、当該決定に係る支給決定障害者等に対し受給者証の提出を求めるものとする。

もっと