愛 は 惜しみ なく 奪う。 愛は惜しみなく与う/愛は惜しみなく奪う トルストイ/有島武郎 - 名言から学ぶ幸せのヒント

有島武郎 惜みなく愛は奪う

個性の緊張は、私を外界に突貫せしめる。 けれど少くとも大胆ではなかった。 お前の個性なる私は、私に即して行くべき道のいかなるものであるかを説こうか。

もっと

要約 『惜みなく愛は奪う』 有島武郎|七色メガネ|note

仮象に執着し、葛藤を加え、努力する人々を横目に、彼らはただ老翁のように淋しい微笑を浮かべる。 私の生の欲求は思いの外に強く深く、何者をも失わないで、凡てを味い尽して墓場に行こうとする。 しかしそのどれもが、私 個性 がお前に命じた物ではなく、外部から借りてきたものばかりなのだ。 いずれにしろ、愛は人間最上の感情の発露であると同時に、深い懊悩(おうのう)の種ともなる。 あなたが聞き手に徹して、彼氏、彼女への不満をたくさん言葉にさせることで、 相手の心の中では現在の交際への疑問が膨らんでいくのです。 それにもかかわらず私は明かに偽善者であると言明せねばならぬ。 その結果、あなたと相手の距離が一気に縮まっていくのです。

もっと

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

お前は機械になることを恥じねばならぬ。

もっと

有島武郎 惜みなく愛は奪う

ですから、あなたは「いいな」と感じている異性のファッションや立ち振舞い、言葉遣い、考え方などをよく観察しましょう。 そんな風にお前が私と没交渉な愚かなことをしている間は、 縦令 ( たとい )山程の仕事をし遂げようとも、お前自身は寸分の生長をもなし得てはいないのだ。

もっと