ドコモ 機種 変更 応援 プログラム と は。 ドコモ(docomo)の機種変更応援プログラムってぶっちゃけどう?メリット・デメリットや機種変更応援プログラムプラスとの違いを解説

ドコモの機種変更応援プログラムについてです。

25ヶ月目までに返却することで機種代金の負担が減るという点は、機種変更応援プログラム・機種変更応援プログラムプラスと似ています。 また、下取り対象から外れることはなくとも、下取り価格が1,000〜5,000円程度ダウンしてしまう機種もあります。 旧機種に記録されているメモリ・データが消去できること(一切のデータはお客様ご自身の責任で消去していただきます)。 結論としては、機種変更応援プログラムはドコモを継続して利用したい方にとって損にならないサービスといえます。 例えば1,000万円の住宅を買うために、最初に100万円払って、残り900万円をローンで返済する場合、最初の100万円が頭金に当たります。 また、スマホおかえしプログラムに加入する場合は機種代金を36分割での割賦購入が条件となっています。 事務手数料として2,000円(税別)が必要• 逆に、 代金分割をしたくない事情がある(クレカでの一括精算やポイント消費で買いたい場合)には、スマホおかえしプログラムは使えませんが、従来どおりの下取りプログラムは今後も使えますので、特に心配する必要はありません。

もっと

ドコモの機種変更応援プログラム 使うor使わないを徹底比較│スマホのススメ

申込者が旧機種の所有権を有していること。 新しいスマホでも機種変更応援プログラムプラスを継続する ただし、機種変更応援プログラムプラスに加入 時に月額料金が0円である点、13~25ヶ月目に機種変更をするというところで、機種変更のタイミングが13ヶ月目~となっている点は、機種変更応援プログラムと異なるので注意してください。 6 ドコモの機種変更応援プログラムのデメリットは? ドコモの機種変更応援プログラムのデメリットには、月々サポートが消滅する、旧機種を手元に残せない、スマホが破損している場合は利用不可、下取りプログラムとは併用できない、プログラムを解約すると返金されない、機種購入と同時しか加入不可といったものがあります。 現時点では、 10万円近くする高額機種に対象が限られており、適用できる機会がそもそもない方も多いです。

もっと

2020年ドコモの機種変更を100%得する方法|おすすめ機種ご紹介│スマホのススメ

受取方法は、 契約者住所で受け取るパターンと郵便局で受け取るパターンがあります。 使用期間が長いほど付与されるdポイントが減る• 下取りプログラム ドコモオンラインショップ 概要 現在利用している機種をドコモへ下取り申込みする事で dポイントを進呈 進呈ポイント・対象機種 下取り額・下取りポイントおよび対象機種は約1か月毎に変更・更新 申込み後の流れ 1. 下取りプログラムでお得に機種変更をしよう 今回はドコモの下取りプログラムについて詳しく紹介しました。 ドコモの機種変更応援プログラムに加入しないべき理由• :後日受け取り となります。 新しいiPadに買い替えたなどで使っていないiPadがあれば、合わせて提出してみて下さい。 スマホが壊れている場合、割引が受けられない 機種変更応援プログラムを利用する際、機種変更前のスマホがドコモに没収されます。 【カテゴリーA】 19ヶ月目:27,000円 20ヶ月目:23,000円 21ヶ月目:19,000円 22ヶ月目:15,000円 23ヶ月目:11,000円 24ヶ月目:9,000円 25ヶ月目:9,000円 【カテゴリーB】 19ヶ月目:21,000円 20ヶ月目:18,000円 21ヶ月目:15,000円 22ヶ月目:12,000円 23ヶ月目:9,000円円 24ヶ月目:9,000円 25ヶ月目:9,000円 【カテゴリーC】 19ヶ月目:18,000円 20ヶ月目:15,500円 21ヶ月目:13,000円 22ヶ月目:10,500円 23ヶ月目:9,000円 24ヶ月目:9,000円 25ヶ月目:9,000円 最大額である27,000円の還元を受けられるのは、カテゴリーAにおいて19ヶ月目に機種変更した場合となります。 ただし、この考え方にも重大な欠陥があり、そのままでは比較が成り立っていません。

もっと

スマホおかえしプログラムは契約すべきか?ドコモ新料金プラン対策のメリット・デメリットを要確認

しかし、実際に機種代金から割り引かれると月々の機種代金はいくらになるのか?というシミュレーションはしづらいですよね。 マツキヨやローソン、他にもたくさんの店舗でもdポイントを貯めることも、使えることもできるのでライフスタイル次第では可能性もあります。 一方で、オンラインショップでの下取りの場合は、原則公式サイトの表記通りの査定金額となります。 プログラム利用料が不要で、返却時に新しい機種を買う必要もなし、最終的に返却するかしないかも自由と、 ユーザーにとってデメリットはありません。 ドコモの機種変更向けクーポン5つ• 機種変更応援プログラムプラスのdポイント受取方法 「機種変更応援プログラムプラス」で発生するdポイントの受取方法は、機種変更をした場所によって変わり、• しかし、それは早合点です。

もっと

【加入者向け】ドコモの機種変更応援プログラムの出口戦略を解説します

頭金=店舗への「礼金」なのです。 また、機種変更できるのが13ヶ月目からと早く、機種変更応援プログラムよりかなりお得な内容になっています。 下の表を見ると、機種変更の時期が早ければ早いほど得をするということが分かると思います。 なお、Quickの公式サイトには、売りたいスマホの買取価格を状態込みでチェックできる便利ツールがありますが、壊れたスマホは対象外なので注意してくださいね。

もっと

スマホおかえしプログラムは契約すべきか?ドコモ新料金プラン対策のメリット・デメリットを要確認

110• 12カ月以上同一機種を利用して、13カ月目以降に機種変更する事 という条件を満たしている必要があります。 19ヶ月目以降に機種変更する場合は、iPhone以外の機種と同じように追加料金は掛かりません。

もっと