朝日 新聞 小滝 ちひろ。 朝日新聞編集委員の小滝ちひろさんの「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在」ツイが炎上、アカウント削除│以下略ちゃんの逆襲 ツイッターGOGO

朝日新聞の編集委員、「新コロナは痛快な存在」と投稿し物議…歪んだエリート意識

さらに3月15日朝刊32面でもお詫びの記事を掲載しました。 3月13日、朝日新聞編集委員という大幹部の小滝ちひろ氏はとんでもない投稿を行った。

もっと

小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?

小滝氏はそのTwitterのアカウントを削除し、謝罪等もなく逃亡しています。 つまり一種の権威的な側面があるのです。 フリーランスは懐柔できない。 【続報】. もちろん大幹部様だから処分されるわけがない。 午前7時40分ごろ、下田市東方沖約15キロの海上で、衝突で損傷した米海軍 イージス駆逐艦フィッツジェラルドの姿を、朝日新聞社ヘリから確認した。 本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。 聯合ニュースのツイッターアカウントにも、 「日本の『キレギ』には脳はないのか。

もっと

【炎上】朝日新聞小滝ちひろの顔画像や処分は?Twitter削除で逃亡!過去炎上も

これはTwitterに載せるプロフィール写真ですがイラストでの顔画像になっております。 あの事件について少しでも知っていたら、そんなことを例示すらできるはずがありません。

もっと

【炎上】朝日新聞記者の小滝ちひろ氏の「新型コロナウイルスは痛快」発言に朝日新聞が謝罪 / 記者権限を剥奪 | バズプラスニュース

新型コロナウイルスに関しては世界中に感染が広がっておりますがその様子が「痛快」と感じているようです。

もっと

【炎上】朝日新聞編集委員・小滝ちひろ氏「新型コロナウイルスは痛快」と発言し大炎上 / 猛烈バッシング受ける | バズプラスニュース

朝日新聞やその社員は、自らが読み手の一部に強い怒りを呼び起こすような報道姿勢(捏造・歪曲)や言論をしばしば垂れ流すことで、自分たちへの憎悪を拡大させてるというのをそろそろ自覚したほうが良いのではないだろうか。 朝日新聞記者の三浦英之氏は、記者会見での怒号が常態化すれば、官邸主導の「メシ会」や業界内での「談合」を無力化できるという珍説を述べた。 たった2文字、「痛快」は軽率でした。

もっと

朝日新聞の編集委員、「新コロナは痛快な存在」と投稿し物議…歪んだエリート意識

しかし、私は小滝ちひろの投稿の悪質さは「痛快」という表現自体ではなく「超大国の大統領が恐れ慄く」ことに痛快さを見出したそのマインドを表出したことにあると思っている。 — ねこ庭 nekoniwa1968 朝日新聞の小滝ちひろ編集委員、アカウント消して敵前逃亡したのか。 日本の不幸が痛快な朝日新聞? 記事のコメント欄には、「間違いだと謝罪すればいいのか?ジャーナリストは本当にいい仕事だ」と皮肉る声が寄せられた。 対策も記者研修の強化をしますと言うだけです。 当たり前ですが、超大国の大統領やアメリカ海軍が嫌いでも、彼らが被害に あったからといって笑ってはいけません。

もっと

朝日新聞『コロナウイルスは痛快』小滝ちひろの出自

まとめ 朝日新聞は、公共のメディアとして政治や事件について 批判をする役目があるにも関わらず、身内からでた 不適切発言への対応としては、アカウントを削除を してただ謝罪する対応をとっています。 これに対し、不謹慎であるという批判が殺到。 JR が14日朝、9年ぶりに全線で再開しました。 ということは、この投稿は本音であり、またそれを 編集員としての意見として投稿したことになります。 2017年6月の米軍イージス艦衝突事故では7人の米軍兵士が命を落とし、今般の新型コロナウイルスの感染拡大では世界中で5,000人以上が亡くなっているという。

もっと

国恥!!朝日新聞の最高責任者である編集委員小滝ちひろ氏による「新型コロナは痛快」という暴言、ついに国際問題へ!!韓国や台湾でも問題視!!

「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ律く。 (略) 引用元: バイデンの息子と同じ ハニトラにかかったあほが主筆のあほ新聞 「朝日新聞主筆若宮啓文氏 女・カネ・中国の醜聞」 主筆と言えば朝日の社論を決定する最高責任者、まさに本丸直撃だ。 朝日新聞社も「本社の記者ツイッターは記者個人の責任で発信しています」とその投稿の文責を個人に帰している。

もっと