日本 コロナ 感染 者 県 別。 グーグル、日本向け感染予測公表 都道府県別に把握―新型コロナ:時事ドットコム

チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞

レントゲン及びCTで肺炎像が認められたため入院。 1月27日、26日に検査した結果、陰性と判明• 肺炎を確認し東京都内の医療機関に転院。 1月22日に大阪府の医療機関を受診、経過観察• コロナウイルス感染リスクの 観点から言えば、 コロナ感染者がいない3県は 日本で1番安全な場所とも言えます。 全快だが健康観察実施中• 肺炎患者との明確な接触は確認できておらず、発症後はマスクを着用 12例目 20代女性(京都府在住)• このうち札幌市は146人、旭川市は23人。 日本独自の状況を反映させたモデルを開発した。 肺炎患者との明確な接触は確認できておらず、移動中はマスクを着用していた。 感染者数は実数で報道されることが多い。

もっと

コロナ感染者がいない県の理由は?最新都道府県別ランキングから考察

40代男性。 福岡県は感染者数 9人ですから 博多市という主要都市がありながら 凄い結果だと思います。 1月27日に北海道内の医療機関を受診し入院• 最後まで読んでいただき ありがとうございます。 感染経路が推定できる人 不明な人 年代別では 感染経路が推定できる人とできない人の割合を年代別に見てみます。 上位2都府が3位の神奈川以下を大きく上回っており、首都東京や関西の中心大阪の動きが極めて重大な局面にあることがうかがわれる。 これらの地域では、特定の企業や医療機関などで集団感染とみられるケースが発生していました。

もっと

【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

現在のところコロナ感染者が いない県である 岩手県・鳥取県・島根県は 日本で 感染者が出にくい環境に ある都道府県と言えます。 何と1位は6. 確かに値が大きい場合には、それがもたらす影響度も大きいので、実数の報道には大きな意味がある。 軽快し健康観察実施中。 武漢からのチャーター便で帰国し、入院中• 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。

もっと

【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

肺炎の診断はなく、経過観察• 7例目 40代女性(武漢在住)• 1月18日に来日、症状なし• 感染経路が推定できる人 不明な人 職業別でも特徴が 職業別では、介護士や介護施設の利用者などの「介護・福祉」、大学生や学校の教員など「学校・教育」、医師や看護師などの「医療関係者」などで感染経路が推定できるケースが多いのに対し、「飲食・接客」や「会社員など」は感染経路が推定できる割合が少ない傾向となっています。

もっと

日本国内の感染者9800人 NHKデータ分析 見えてきた特徴は 特設サイト 新型コロナウイルス

滞在先で待機• 症状は安定している• 肺炎患者との明確な接触は確認できておらず、移動中はマスクを着用していた。

もっと

新型コロナ日本初感染者はいつ?1例目から21例目(1月から2月)の新型コロナウイルス感染を時系列で振り返り

ご留意ください。 武漢滞在中、咳症状のある人と接触歴あり。 その後、4月中旬以降では年代別の割合の差が小さくなる傾向になっています。 これが日本の田舎ベスト8か。

もっと

【都道府県別】人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移

8% 女性で割合が多いのは、次の年代です。 埼玉県以外は 外国人観光客の多い都道府県が 上位にランクされています。 2月5日に検査結果が陽性、入院中 21例目 20代男性(京都府在住)• 1月21日に都内の別の病院を受診、経過観察• 米国では8月に感染予測の提供を始めており、日本が2カ国目となる。 2番目に低いのが岩手県。

もっと

グーグル、日本向け感染予測公表 都道府県別に把握―新型コロナ:時事ドットコム

1月21日に来日• 富山はバラバラに暮らしていて人付き合いも苦手で希薄なのが関係してるかも、と思っています。

もっと

グーグル、日本向け感染予測公表 都道府県別に把握―新型コロナ:時事ドットコム

1月29日に武漢からのチャーター便で帰国し入院、治療中 同チャーター機内に無症状病原体保有者を初確認 10例目 50代男性(三重県在住)• 1月30日奈良県からの接触者調査に基づき保健所が調査を実施、検体採取のため医療機関を受診。 人口密度との関係性でも 似たような結果ですが・・・ 北海道は最も人口密度が 低いにも関わらず 感染者数は多いですよね。 9% 男性で割合が少ないのは、次の年代です。 感染や濃厚接触したことで批判にさらされるという状況は,ご本人を傷つける他,ご家族をはじめいわれのない方々にも大きな影響を及ぼす恐れがあります。 《地方でも感染が増えていることについて》 「人口が多いところで患者数が多くて、その後、地方にと考えていたが、ある地域では3密を起こしやすい環境が作られている可能性がある。 軽快し、健康観察実施中• しかし、人口約1300万人の東京と人口約78万人の福井とを比較して東京の感染者数が福井よりずっと多いといっても、感染リスクを正しく評価したことにはならないだろう。 次章では、もう少し掘り下げて 考察していきます。

もっと