伊 曽 保 物語 現代 語 訳。 イソップ寓話:ライオンとねずみのお話

Esopo1.01『オウカメと、ヒツジの譬えのこと。』

txt 目次://// AESOP'S FABLES "The Lion And The Mouse"(ジョージ・ファイラー・タウンゼントによる英訳) A LION was awakened from sleep by a Mouse running over his face. 私を絵に描いても、その美しさを描き尽くすことはできまい。 広いサバンナの茂みの中で、ライオンの王様、ぐっすりねんね。

もっと

「現代語訳,伊曾保物語」に関するQ&A

2投稿の続きです。 今後は全文挙げてください。

もっと

伊曽保物語の獅子王と驢馬についてのお話で、「ある驢馬病しける所に、・・・」か...

威勢、威光の天下に聞こえたるような者とても、誰をも賎しめず、賤しい者にも仇を為さず、かえって情けを先といようことじゃ。 (私は)その日から悪念ばかり起こるのです。 いかな賤しき者なれども、時としては貴人、高家の助けとなることもあるものじゃ。 しかし一方で、神様との誓いは自制を促した。 ネズミは大いに肝を冷やして、謹んで申したことには、 「どうかライオン様、聞いてくださいませ。

もっと

伊曾保物語の犬と馬の「ある人、ゑのこをいと~その挨拶をなすべ...

そして、大声で言ったのです。 」などと誇ったので、鶴は「憎たらしいなぁ」と思ったが、素知らぬ顔で、「本当に、空を飛ぶ鳥の中で、あなたほど美しいものはいないでしょう。 」と申し上げたところ、 (僧は) 「それこそ私にはごく簡単なことである。 其後、獅子王有所にてわなにかゝり、すでに難儀におよびける時、鼠此由を聞きて、急ぎ師子王前に馳せ參じ、 「いかに師子王、きこしめせ。 これを聞き、銀子の持ち主は驚いた。 <口語訳> ある驢馬が病んでいたところに、獅子王がやって来て、驢馬の脈を診(み)ようとした。 私はたぐいない (ほどの)悪人であるので、どうかお祈り (の力)によって私の悪心を翻して、善人となりますように神仏に祈り誓ってくだされよ。

もっと

伊曽保物語とは

リスが呼びとめて、「ウサギさん、何だってそんなに走っているんですか」と聞いた。 L'Estrange 459 オオカミとブタ 長年略奪の日々に明け暮れていたオオカミは、数多くの血を流したことに対して、良心の呵責に苛まれるようになった。 Rising up angrily, he caught him and was about to kill him, when the Mouse piteously entreated, saying: "If you would only spare my life, I would be sure to repay your kindness. ライオンが自由の身になると、ネズミは大得意で言いました。 本書はこれとは別系統で直接の関係は認めがたい。 どんなに力のない(身分の低い)者であっても、時として高貴な人々や力のある人々を助けることが出来るのだ。 王様、びっくり飛び起きて、チビのネズミを掴まえた。

もっと

イソップ寓話

といちゃもんをつけた。 あなたは飛ぶといっても高く飛ぶことはできません。 当時の厳しいキリシタン禁制下にあって本書が盛んに読まれたのは、内容が教義とは無関係な寓話 ぐうわ 的教訓性によるものと思われる。 と誓った。

もっと

伊曽保物語とは

獅子の前足で、脈がとれるのか、獅子王は食欲を感じなかったのか、突っ込みどころ満載です。

もっと