ゲー ゲン プレス 意味。 リバプール、クロップ監督の戦術「ゲーゲンプレス」の意味とは? 単なるカウンターではない新時代の戦術【ゲーゲンプレスの原点 前編】

「ゲーゲンプレス」とは?意味や使い方を解説!

この画像の場面ではボール奪取が出来ませんでしたが、上手くハマると最高です。 ただし、このレポートはカウンターの有用性を説いたものではない。 ドルトムントの中盤は、ブスケッツたちが構成するバルセロナよりも優れた数字を記録した。 FWは「プレッシングの起点」になることが多く、ボールロスト数が勘定されるのに対し、中盤中央の選手たちは最終的にパスカットするか、1対1でボールを奪う役割を担うことが多いからだ。

もっと

ドルトムントのゲーゲンプレス(ゲーゲンプレッシング)とゾーンプレスは何が違う...

ドルトムントやリヴァプールの試合を観たとき、どの場面から「 クロップらしさ」を感じるかは人それぞれですが、私が「 クロップらしさ」をビンビンに感じるのはこんな場面です。 一般的なプレッシングでは、プレスの網を効率的にかけるために、一度リトリート(退却)する。 ボールを持たされ後ろで回す展開が続きましたので「ロングボール」にして縦に放り込みます。 で紹介した「 トップ下の選手にマンマークをつけてブロックに加える」方法もありますが、ウイングの場合はサイドバックをマークすると前残りになることが多く、サイドハーフをマークするとポジションが大きくずれてしまいます。 シャビやイニエスタはお世辞にもフィジカルが強いわけではなかったので、 このようなタイプのプレスにたどり着いたのではないかと思います。

もっと

ウイクラでクロップのゲーゲンプレス戦術を再現【4

相手がロングボールを入れる全てのタイミングに合わせてプレッシャーをかけ続けるのは、まず不可能ですからね。 まとめ 今回最近話題の南野拓実選手が移籍したリヴァプールの戦術 「ゲーゲンプレス」について書かせていただきました。 見ているだけでワクワクというかゾクゾクというかとても楽しくなります。 もちろん、リスクを取らない分相手からボールを奪い切れる可能性が格段に高いわけではないが、ファーストディフェンダーが的確にパスコースを限定しつつ後続が続けば逆襲に転じることがでいる。 そこで奪えれば文句なしですし、奪えなくても強制的に攻撃のスイッチを入れさせることができますので時間を無駄にしないで済みますね。 ロングボールを重視する、悪しき伝統を充分に是正できぬまま、各クラブに人材の育成を委ねる形になった。 ぎりぎりのタイミングで対応が間に合っています。

もっと

「show must go on」とは?意味や使い方を解説します!

それぞれの型を区別する要素 ゲーゲンプレッシングを構成する要素には集団的にボールへ向かっていく動きだけでなく、ボールロスト前の立ち位置やボールロスト後のポジションの取り方も含まれ、その違いによっていくつかの型が存在しているのだが、メンタリティの観点からすべてが同一視されているのが実情だ。 というわけで ビルドアップの設定を一時的にショートパスから「 ロングボール」に変更します。 目を引くのは、素晴らしい守備をしているバイエルンが最も低い数字となっていること。 ところがイングランドのフットボールは、そこから伸び悩んでしまう。 このようにボールを持たされることが続いた場合は 「ロングボールで強制的に立場を逆転させる作戦」でショートカウンターを狙います。 この形では、ボールを失うまでの選手間のポジション調整がより重要になる。

もっと

【全文掲載】ミスは許されねばならない。ドルトムントに学ぶ「正しいミスの生かし方」(2)

したがって、我々は相手陣内にボールがある時点で、すでにプレスをかけ始める。 そこから、1960~70年代までのイングランドでは マン・ユナイテッドやリヴァプールの一時代を除き、 ロングボールを放り込んでなんとかするという古典的な「 キック&ラッシュ」が一般的でした。 ただしゲーゲンプレスに関しては、イングランドのフットボールファンの間でも誤解されている部分がある。

もっと

ウイクラでクロップのゲーゲンプレス戦術を再現【4

それでは、局面ごとにどのようなプレスをかけていくか説明していきますね。 ドルトムントの場合は前線からのプレスが生命線だ。 周囲の相手選手はサポートに近寄るが、同時に以下の図の様に各選手がマンマークで相手につく。 彼らはパスコースをすべて塞いでしまっていることをハッキリと示し、バックパスあるいはロングパスを誘導する。

もっと

アオアシやDAYSにも出てきた!ゲーゲンプレスを「正しく」理解する

ゲーゲンプレスについて書いてみました。 10回に大差をつけている。 もし相手のDFが特別ボールの扱いに優れていない場合は、このパスコースを後方から押し上げてきた来た選手が消す。 ハインケスのモデルは1対1の状況を作り出すのに対して、こちらはマークを捨ててボールホルダーに複数の選手がプレッシャーをかける。 ボールを奪われると各選手が即座に2つのパスコースを想定した位置取りをする。 この40年で果たした戦術の革命と比べると、超革新的な戦術の進化・発見というのはここ10年で起きていないといえます。

もっと