ゴースト オブ ツシマ レビュー。 【ゴーストオブツシマ】クリア後レビュー・感想・魅力を紹介:ゲームで紅葉狩り!美しい日本が舞台のオープンワールド時代劇

『ゴースト・オブ・ツシマ』Legends(冥人奇譚)レビュー

逆にアクションが得意な方は「難しい」モードでやりがいを求めてもいいでしょう。 プレイヤー自らが武士道に外れた邪道な侍となり、まるで時代劇のように美しい長崎・対馬を自由に駆け、各地に潜む敵勢を討つ。

もっと

ゴーストオブツシマをレビュー

戦闘システムについて アクション面は難点が残る 以上が世界観を含めたレビューになりますが、ここからは戦闘面についての細かいレビューになります。 若干テクスチャーの解像度が粗めな部分もあったりしますが(一部の岩肌がのっぺりして見えるなど)、それを差し引いてもこの景色の美しさは圧巻です。 アイテム確認時のロードが異様に長い 悪い点はほとんどないのですが、強いて言えばアイテム確認時のロードが長いです。 風は元寇をテーマにしているので神風というものも踏まえて使用しているようです。 とはいえ、近年のハードの進化に伴い、映像の美しさだけでは独り勝ちが難しくなっているのも事実だ。 出会うメインキャラクターのすべてにこのような興味を惹くバックグラウンド・ストーリーが見え隠れし、各々の生き様を想像させるという趣向だ。

もっと

【PS4】Ghost of Tsushima (ゴーストオブツシマ)レビュー・感想│HowMew[ハウミュー]

足跡を辿って敵倒してと、いつもパターン化してしまっている。 米批評サイト『』によるメタスコアも83点と順調で、100件を超える批評家によるレビューのうち否定的レビューは0件となっている。 このままじゃ本当に対馬が蒙古のものになってしまうと思った主人公は、武士の教えに反する道を選択します。 せめてもの救いは、ゆなを始め、政子殿や石川先生といった仁に積極的に協力してくれる人物たちの存在でしょうか。 (上県の雪山は変わり映えしなくて微妙でしたが…) 岩に向かってジャンプしたら、空飛びがち。 新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。

もっと

『ゴースト・オブ・ツシマ』Legends(冥人奇譚)レビュー

ロード時間は短めで、ファストトラベルの移動もある。 【総合評価】 編集部が話し合いによって決める参考値です。 不満は無しと言っていいレベルです。 色々思った事を書きますので、批判的な内容もありますが、めちゃくちゃ楽しくプレイさせてもらいましたし、基本的には大絶賛です。 和風オープンワールドなのが良い 初めにゴーストオブツシマをプレイして感じたことは、和風オープンワールドの舞台が良いこと。 というのが、序盤のあらすじ。

もっと

『ゴースト・オブ・ツシマ』レビュー。オープンワールド時代劇と化した対馬は遊び応え満点。秀逸な剣戟アクション+豊富な探索要素の傑作!

についてはとか、フィリピン人とかタイ人に見える違和感・・・。 PlayStation 4(以下PS4)向けゲームソフト『Ghost of Tsushima』が好評だ。

もっと

『ゴーストオブツシマ』をトロコンして感じた10のこと|ネタバレ感想・レビュー

オープンワールドゲームに限っても、『』にしても、『』にしても、標準設定ではHUDをオンにした状態になっており、その逆を行くのは『』くらい。 また、ミッションのボリュームだったり、フォトモードも充実度なんかを評価する声も多かったです。 バトルについて バトルはステルス要素を含み、敵に見つからないように背後からステルスキルを狙ったり、刀でチャンバラをしたりできる。 実際に開発者が明言している通り、本作は黒澤明監督の時代劇をリスペクトしており、イベントシーンでのカメラワークや陰影の演出、ストーリーの展開など、ところどころにオマージュが散りばめられている。 ただ、敵ひとりを暗殺するのは安易だが、すべて見つからずに倒すにはしっかり観察が必要。

もっと

【ゴーストオブツシマ】評価・レビュー|プレイした感想【Ghost of Tsushima】|ゲームエイト

あと、振り向いた時に、仁と目が合う。

もっと

Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ) 序盤評価・レビュー これはキャラゲー?戦闘システム、アクションについて

仁は侍らしく、剣術が得意。 一対一の緊迫した勝負 もちろんボス的な存在もいます。 相手の一発は重く、防御もしてくるのでゴリ押しができない仕様になっています。 付け替えた内容が気に入らなければ、また改良すればいい。 ロードのわずらわしさが本作の快適さを損なうことは、ないと言っていい。 序盤の難易度のように歯ごたえのある難易度で進んで欲しかったが、中盤以降は弓攻撃とてつはう投げしかやっていなかった気がする。 ほかを改良する場合、すでに手を加えている部分をリセットしなくてはならないので注意。

もっと