コロナ ウイルス 武漢 ウイルス 研究 所。 新型コロナは武漢のウイルス研究所(P4実験室)が発生源なの?

ノーベル賞博士が断言!コロナは“武漢発”人工ウイルス

新型コロナ流行の影響により世界の経済が低迷し、不況の波に覆われています… アメリカでは、安全保障を理由とした企業の救済や増産の指示、従来の財政金融政策の枠組みを塗り替える「バラマキ」を矢継ぎ早に実施し、経済危機をのり超えようとしています。 おそらく上の、 > 経験のない研究員たちを積極的に採用 あたりがキッカケではなかったかと。 米国民の税金で、なぜ中国の武漢ウイルス研究所に資金援助をしなければならないのか、説明を求める声が米国で高まっている […]. しかし、このような今まで報告されている人工合成技術は、基本的にいままで存在するウイルスを作ることを目的として、その設計図を描くような作業だ。 」と強調しました。 5月初めには、SNSで「石氏が研究所の秘密文書を持ってフランスの米大使館に亡命申請した」との情報が日本を含む世界で大拡散した。

もっと

武漢ウイルス研究所の謎…新型肺炎は事故で漏れた生物兵器ではないか?

科学者たちは説明するのにうんざりしている 米国科学者連盟や世界保健機関(WHO)の科学者たちは研究所説に異議を唱えている。 しかし、実際は 審査プロセスは密室で行われており、 機能獲得研究に反対する科学者たちは、ワシントンポスト紙の社説を通して 米国立衛生研究所の姿勢を非難する声明を発表しました。 コロナウイルスのゲノム構造は非常に複雑で、まだわかっていない性質も多い。 こうしたウイルス早期発見の裏には、武漢という町の特殊性があります。 このコロナウィルスの特許を持っているPriblight Instituteの利害関係者ってところを見てみてよ。 この学者はこれまでに、イギリスのテレビ番組で、ウイルスが人工であることの「科学的な証拠を公表する」と予告していて、日本のネット空間でも話題になっていた。

もっと

新型コロナウイルス 「研究所から流出」説の真偽を追う

米国立衛生研究所は、以下の内容の声明をNewsweek誌に伝えました。 では、こうした歴史的にも、まれな感染症の流行がどのように発生したのか。 中国のバイオ研究の最高峰の施設が武漢にあるのですから、当然とはいえそうですが。 例えばインフルエンザウイルスは日本の河岡義裕教授らのグループがその合成技術を確立したし、SARSコロナウイルスや新型コロナウイルスも人工合成が可能だ。 具体的には、 米国疾病対策センター(CDC)で、非常に感染力の高い病原体の処理を誤ると言う事故が繰り返されたからでした。 また仮に物的証拠が出たとしても、第三者の真偽判定で信頼できなければ意味がありません。 中国メディアのインタビューで王所長は専門知識を披露しながら米国の主張に反論し、その堂々とした姿には好意的な評価も寄せられている。

もっと

“コロナ流出説”武漢研究所元職員「怖くてもミスを公開すべき」│韓国社会・文化│wowKora(ワウコリア)

その後イェンリーモン博士は2020年4月28日、真実を世界に伝える義務感からアメリカに亡命したと語っています。 c AFP. ただしデータの真偽は明らかになっていない)。 疑惑は広まる一方のようだ。 一方で、この論文が主張する人工合成の手順について言えば、たしかに可能かもしれないが、どうしてそもそもこのようなコロナウイルスを作ろうと考えたのかということが全く書かれていない。 しかし、 新たな発生源に関する噂 がささやかれるようになりました。

もっと

「発生源は武漢の研究所」米報道を研究員が否定 新型コロナ

中国事情に詳しい評論家の石平氏は「人工ウイルスなら、とんでもない話。 ラトガース大学の 感染症専門家リチャード・エブライト氏によると、研究プロジェクトの説明では、遺伝子工学の技術を用いて、 ヒトの細胞や実験動物に感染するコロナウイルスの能力を高める実験をすることを指しているとのことでした。 現在、中国版Googleともいわれる検索サイト「百度」で「武漢病毒研究所」と検索すると、検索候補に「泄露(漏洩)」という文字が。 中国は、事前に新型コロナウイルスの存在を知っていたのではないか。 それが自然発生ではなく、武漢ウイルス研究所の不手際が原因なら、人々の憎悪は中国に向かうことになる。

もっと

武漢ウイルス研究所の謎…新型肺炎は事故で漏れた生物兵器ではないか?

このように、武漢の市場で動物から人に感染した新型コロナウイルスは、その後、人から人に飛沫感染などで拡大していきました。 (引用:) この中で記載するのは、こういった比喩的な話でなく、戦争としての第三次世界大戦です。 : 新型コロナの起源は武漢の研究所と米国務長官-トランプ氏も批判 ポンペオ米国務長官は3日、ABCの報道番組で新型コロナウイルスの発生源について中国湖北省武漢市の研究所であることを示す「膨大な証拠」があると指摘した。 「ウイルスの起源を知ることは大変重要だ。 「とくに中国は2003年のSARSコロナウイルスの流行のあと、コウモリを中心として自然界に存在する様々なウイルスの同定を行う研究を精力的に進めてきた」と補足する。

もっと

未知の病原体、世界流行の震源地はどこか特殊な町 中国・武漢 海鮮市場とウイルス研究所|「医」の最前線|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト

またイェンリーモン博士が大学研究室で、ヒトからヒトへの感染を研究していた事実はないとも述べています。 米国諜報機関も 「COVID-19ウイルスが人工的または遺伝子組み換えウイルスではなかったという科学的なコンセンサスに同意する」 と声明を発表しています。 確かに、現在の異様ともいえる拡大と感染力の強さは、このようなウイルスの姿そのままともいえます。 2年前の公電の中で、武漢研究所の安全運営上の問題が指摘されていることがわかったからだ。

もっと