麻雀 上達。 麻雀で上達する人と上達しない人を徹底解剖!3つの違いとは?!

牌効率を学ぶ3つのメリット

囲碁や将棋のような運要素のないゲームだと、素人はまずプロに勝てません。 他家が テンパイしてからではなく、最初からよく観察しているとなんとなくこの辺りかなと分かる場合があります。 気をつけること 注意すべきなのが筋は相手が両面待ちであるという予測の前提があるので、 相手が両面待ちではない場合には筋の考え方が通用しないのでロンされる可能性は十分にあります。 牌効率を熟知している、捨て牌から待ちを読める、などありますが初心者には難しい話です。 自分が親の時は即リーチ• ツモなら、+++になり、ロンでも++でそれなりに点数が入る計算になります。 運と流れに乗って、他家よりも多く点数を稼ぐことが勝利を導きます。 ある程度の回数をこなした結果として平均順位がいくつだった、アガリ率・放銃率がどのくらいだった、というように成績を受け取るべきです。

もっと

麻雀が上達しない人には3つの特徴が! その3つをカンタンに克服してアナタも脱・初心者!

このインプットとアウトプットを繰り返すことが麻雀の上達の近道です。 初心者向けに、鳴きにはどんなメリットがあるかということから書いています。 現代麻雀技術論が辞書であればこちらは問題集。 字牌の捨て方 字牌も安全牌になる可能性が高いです。 例) 自分の手牌が例のような場合どうしますか?なんとなくアガリに近いようにも見えますが. パソコンの オンラインの麻雀ゲームは無料で遊べるものが多いので、ひとりで麻雀を練習したい人にはおすすめの方法だと思います。

もっと

麻雀上達・技術・メンタル・天鳳・雀魂などに関する記事のまとめ

もっと

牌効率を学ぶ3つのメリット

暗刻や連続系があるなら効率重視 この問題を解決するのが上の文章です。 また、役牌そのものがドラのときは、役牌の刻子をそろえるだけで4翻となり、さらに高得点になります。

もっと

麻雀の勉強法の分類と上達の基本サイクル

それは、「もし役牌が鳴けなかった場合、役なしになる可能性が高い」ということです。 あるいは ・結果的に負けたのだから、自分が間違っていた。 そこで、麻雀が上達するための 指針となるような アドバイスをいくつか書いてみようと思う。 ただ問題があります。

もっと

牌効率を学ぶ3つのメリット

牌姿Bでの無意識的な判断を少し難しい牌姿Aや、もっと複雑な牌姿でもできるように知識を拡張していくイメージです。 また、観戦する対局のルールと普段自分が打っているルールが違うことがあるということも気をつけないといけません。 麻雀の経験を重ねると、何がだめなのかが掴めるようになります。 壁とは 筋(スジ)の考え方のように、相手が両面待ちであるかもしれないという前提があると、さらに色々と見えてくるものがあります。

もっと

麻雀で上達する人と上達しない人を徹底解剖!3つの違いとは?!

初めの配牌で順子や暗刻が多く完成していれば、早上がりできる可能性も高くなります。 「なぜ相手が当たり牌を切ってきたのか」を考える作業も必要です。

もっと

麻雀が上達する方法7選!初心者でも勝ちたいならこれをやろう!

高得点な役を作ってあがりたいところですが、難しいと気づいたら諦めることです。 それ以外でも、捨て牌で1枚、副露で1枚、手牌に2枚があれば、あなたから見て4枚全て見えているので壁と判断する事が出来ます。 さらに手役を狙いすぎると目先の アガリを逃してしまい、 失点してしまうことさえある。 特にこんな人におすすめ・・・判断のシステム化をしたい人、天鳳プレイヤー 現代麻雀手作りと押し引きの鉄戦術 お馴染み麻雀ライター福地誠氏の著作です。 山読みや鳴き読みについては特にしっかりと書かれており、文章も読みやすく初心者におススメです。 このような問題を出しました。

もっと